MENU

キャッシングの始まりはショッピングカード

私はだいたい月に2万円ぐらい洋服代などに、クレジットカードを利用していました。仕事は営業事務の事から、満足のするお給料ではありませんでしたが、クレジットカードを利用しても、月の返済には全く問題なかったです。歳を重ねるにつれて、外食の回数も増え、一度の食事会に大金を使うようになりました。急な誘いも楽しいから行ってしま誘惑に負けてしまい、洋服代に使っていたクレジットカードも、飲食代金へと変わっていました。

 

数人と食事をし、お会計の際に私がクレジットカードを使用するため、一緒に食事をしていたメンバーから現金としてお金をもらうため、その時は返済までに取っておくと思いますが、お金が増えたと一時的な勘違いからすぐに使ってしまっていました。その為、返済の金額も大きくなり、リボ払いへと変更しました。それからが大変な事になり、一時的には月々の返済額が減りますが、どんどんと手数料が加算されていきます。

 

月々の返済額が減ったから、その分また遊びに使ってしまい、リボ払いは一時的な助けになりますが、とても強い意志としっかりとした管理が必要です。

 

30代の専業主婦、消費者金融レポート

妊娠を機に勤めていた会社を退社。それからはずっと専業主婦をしています。私の持病が原因か子どもはいず、ストレスでイライラ。発散させようとパチンコに通うようになったのが、運のつきでした。

 

一日1万から3万ほど負けて帰って来る日々が続き、旦那だけの収入では家計は火の車に…。働かなくちゃと思うのですが、パート先も見つからず困っていました。そんな時に街頭で配っていたのが、消費者金融のティッシュ。迷わず電話をしてみましたが、専業主婦の場合は規制があって、キャッシングが出来ない場合があるのだそうです。

 

主人の名前を使ってみることも考えましたが、主人の仕事先に電話などされては困るので、本当に迷いました。3社目にかけた消費者金融では、女性専用のローンを組めると知り、そこで契約を行うことにしました。今では毎月の返済を行い、パチンコを自粛している所です。

 

女性にとって、キャッシング(特に初めて)は勇気がいることだと思います。けれども借金をしなくては生活が成り立たないこともあります。