MENU

40代フリーターのキャッシング体験

40代のフリーターです。年齢が年齢なのと、職業が定職についていないこともあり、キャッシングしようと思った時には苦労をしました。

 

必ずキャッシングを申請するときに、「勤め先」記入欄と勤続年数の欄があるからです。毎月の交際費や通信費などが膨らんで、親からの援助だけでは足りないときは、キャッシングのお世話になったりもしていました。

 

ネットの口コミなどを見て、フリーターでも借りやすい会社を探してキャッシングをしていました。職業の欄が空白だと審査に通らないことが多いので、アルバイト先を記入しておくと審査が割合通ったように感じます。

 

自分の場合はパチンコ屋でバイトをしていたので、その勤め先を書くようにしました。あと簡単に借りられる業者もあったのですが、利息が高くて返済に困った時もありました。また逆に借りにくいところは審査も長くて、待っているのが大変な時もありました。

 

あとキャッシングは慣れてしまうと、自分がいくら借りているのか麻痺をしてしまいます。おまとめローンとかを利用すると返済がラクになると思います。

 

消費者金融で借り入れした体験談

私は若い頃に大手の消費者金融で借り入れをしたことがあります。

 

今ではCMもたくさんやっていて、身近になった消費者金融ですが、当時はまだ

 

「サラ金」というイメージがすごく強く、借りること自体が勇気のいることでした。しかし、当時は私もまだ20代前半。なぜ、消費者金融で借金しなければいけなくなったかというと、当時流行っていたネットワークビジネスに誘われ、お金が必要になったのです。幸い、のめり込む前にネットワークビジネスは辞めることができましたが、50万近くの借金が残りました。コツコツ返していきましたが、金利が高く思うように返済が進みませんでした。親にも内緒で借りていたので、毎月の返済もビクビクしながら返していました。少しでも返済が遅れると

 

会社にも連絡が入ります。なかなか減らない明細書を見ては不安になりながら、一体いつになったら返し終わるのだろう?と思っていました。何とか返済はできましたが、二度とお世話になりたくないですね。